Find
Findメニュー
マイページ




TOP > ゴルフ  



伊藤誠道


高校生プロゴルファー伊藤誠道くんのスレです。

オーナー
匿名
クリップ




投稿する



新しい順  |  古い順  



[1] 匿名

2013/1/25 10:39

 男子ゴルフの高校生プロ・伊藤誠道(17)=東京・杉並学院高2年=が、ナイキと総合契約を結ぶことが24日、分かった。年間1000万円(金額は推定)の複数年というシード選手並みの破格の条件が提示され、近日中に契約がまとまる見込み。2011年ANAオープンで第2、3日に首位に立つなどツアーで活躍する逸材が、同じ契約選手のタイガー・ウッズ(米国)、ロリー・マキロイ(英国)らの仲間入りを果たす。

 ウッズ、マキロイら世界のトップを抱えるナイキと、日本の新星がタッグを組む。伊藤は中学1年時の08年キヤノンオープンでプロツアーに初出場。11年ANAオープンでは第2、3日と首位に立ち、堂々と優勝争いを演じた(最終成績6位)。将来性豊かな17歳をナイキは高く評価した。

 今季のツアー出場権を争った昨年12月の最終予選会では、4ラウンドで行われた予選を40位で通過した後、プロ転向を宣言した。最終的に86位に終わり、30位が目安となるレギュラーツアーの優先出場権を逃して今季は下部ツアーが主戦場になるが、「下からはい上がります。裏シードを狙います」と意欲満々。下部ツアーの賞金ランク上位(昨年は8位まで)に与えられる来季のレギュラーツアーのシード権獲得に自信を見せた。

 関係者によると、ナイキは、今季のレギュラーツアー参戦が主催者推薦に限られる伊藤に対し、シード選手と同等の年間1000万円(金額は推定)の複数年契約という待遇を用意。アマ時代にはブリヂストンスポーツ社製のクラブを使用していた伊藤もナイキの熱意に応える形で、契約がまとまりつつあるという。

 昨年のツアーでのフェアウェーキープ率は58・93%で12位相当。正確なショットと冷静なコースマネジメントを持ち味とする。石川遼の母校・杉並学院高に在学中で、今春、3年生に進級する。ナイキの日本人男子の契約選手は、昨年、賞金ランク71位でぎりぎりシードを獲得した原口鉄也(フリー)だけ。伊藤には、女子の金田久美子(レプロエンタテインメント)とともにナイキの日本の顔として期待がかかる。



いいね! 0






投稿する



違反を通報する





Findメニュー


▲ページTOPへ

お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
Find連携サイト
サッカー 競馬 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能
(c)NetDreamers