Find
Findメニュー
マイページ




TOP > スポーツ > 格闘技・武道  



ボクシングの魅力


【警告】連続投稿禁止システムは、スレを汚すので来ないで下さい。 興奮するのはノックアウトシーンですが、それ以外の魅力も満載

オーナー
匿名
クリップ




投稿する



新しい順  |  古い順  



[113] 匿名

16時間前

>>112
で名前を挙げた清水聡は次戦にWBO APのSフェザー戦を行う
階級をあげる形だが、現状ではフェザー級戦線は中々世界挑戦のチャンスが回って来ない状況。幅を広げる意味もあるようだ。

うーん、Sフェザーの方が猛者が多いと思うけどねぇ。



いいね! 0



[112] 匿名

22時間前

>>111
続き

日本特有のジム制度で外国のような契約で結ばれていたことにも驚きです。例えば、村田や清水のようなアマエリートやプロで実績のある人が契約で繋がっているなら理解できますが、伊藤は必ずしもそうではありません(だから伴流に入ったとも言える)。プロで実績を残してからのことでしょう。

だが、2月に付いたケリを何故この時期に発表したか、また何故契約が終わったのか、そして何故横浜光なのか。

光になったのは指導者や地理的都合の可能性もありますが、地理で言うと伴流ジムは東京の亀戸(両国(国技館)からJRで2つ目)です。横浜光は、そこから1時間前後かかる鶴見(横浜の最北部)にあります。最も、三迫所属時代の村田はほとんど帝拳で練習していたとも言われてましたが。

なんて長々と書いてますが、関係者筋の又聞きでは金銭問題という話もありますが、当事者に聞かないと何とも言えません。いずれにせよ、ただならぬ話です。

因みに世界王者のジム移籍は長谷川があります




いいね! 0



[111] 匿名

22時間前

週末の試合、新たに決定した試合の情報が多々ありますが、その中で一つ気になったのが、伊藤雅雪です。

22日に[伴流→横浜光]のジム移籍が発表されました。記事には2月に契約が満了と出ています。

長くなりそうなので、続きは>>112



いいね! 0



[110] 匿名

2019/5/20 23:59

一部メディアでは、井上vsドネアを京セラドームで開催の可能性を示唆していたが、あまり現実的ではない。

まず井上尚弥と大阪に関連性がさほどない。ただ、格闘技熱は東京よりも関西が上というデータがあるらしいが。

そして主催者側は、井上の2試合もそうだったように、Sライト級とダブルでやりたいはずだ。何故なら、資金繰りに苦労しているから、興行数はなるべく減らしたい。

それにプログレイスvsテイラーに興味があり大金を払いたい日本人がどれだけいるか?

という点から、他の候補で出ているサウジが有力だろう。



いいね! 1



[109] 匿名

2019/5/20 23:50

今週末も海外で日本人(伊藤、木村)が世界戦をやります。また世界挑戦者決定戦で江藤光喜が伊藤の興行に出場。多分今日渡米したはず。



いいね! 0



[108] 匿名

2019/5/19 23:04

>>106
小西は0-3判定負け

いかんせん、前回同様に映像が見れないので何とも言えないところ。



いいね! 0



[107] 匿名

2019/5/19 12:30

英米の世界戦の結果

井上vsロドリゲス興行のメインは、テイラー(117-109,115-111×2)で無敗の王者に。因みに私は117-109。

ハートフォード興行はサンダースが3-0判定で、こちらは無敗で2階級制覇。

ブルックリンの2世界戦

セミはラッセルJRが5R負傷TKO勝ち。1発で続行不能の傷を負わせた。

メインはワイルダー 1R KO。試合前のフェイスオフでブリージールは既に気持ちで負けていたので、多くの人は1Rで終わる予想が出来たのではないか。実際にそれをやって見せたワイルダーを褒めるべきだろう。



いいね! 1



[106] 匿名

2019/5/18 23:27

>>105

忘れてはならないのが、井上の影で隠れているが国内でも世界戦がある。
IBFライトフライ戦
アルバラードvs小西伶弥
アルバラードは初防衛戦。2敗は井岡とレベコに世界挑戦して0-3判定でのもの。
小西は昨年3月カニサレスに挑戦して以来の世界戦。この試合後はWBO AP戦で連続KO決着してここに漕ぎ着けた。今週、黒田が敗れたことで「令和初」の世界王者誕生の権利を得た。果たして。

尚、今日は日本Sバンタム戦が行われて、久我勇作が3-0で田村亮一を下し2度目の戴冠。



いいね! 1



[105] 匿名

2019/5/18 23:19

>>104
で触れたように
ワイルダーvsブリージールの世界戦もある。ブリージールは1敗しているが、ジョシュアに挑戦して7R TKO負け。ワイルダーはこれより早い決着を狙うだろう。

それで、>>104の訂正。
2:13のオッズはこの試合。
テイラー1:4が正しいオッズでした。

この興行のセミはラッセルJRvsキコ.マルチネスのWBCフェザー戦
ラッセルは2015年から年1ペース。ただただ在位が長いだけの王者になりつつある。オッズは1:25

また、WBSSはグラスゴーだが、英国はハートフォードでも世界戦
WBOスーパーミドル決定戦
サンダースvsイスフィ
オッズはサンダース1:20。サンダースが負けた場合のみフルで見ればいい試合か?

また、メヒコでは女子の世界戦が2試合ある。



いいね! 1



[104] 匿名

2019/5/18 23:10

今から5時間後ですね

オッズは1:7のまま迎えることになる。
当日計量もクリア。

連続して1RKOしているが、始めからこれを狙っていたわけでなく、ちゃんとリング上でリサーチして上で仕掛けた結果。

焦点はロドリゲスが井上のスピードに対応出来るか。
出来れば試合は長くなるが、出来なければワイルダー戦の中継が始まるオンデマンド放送まで二度寝する時間が増える。

でも、メインのバランチェックvsテイラーも見たいなぁ。こちらはテイラー2:13。本当にこんな差があるのかが見もの。



いいね! 1



前1 2 3 4 5次#
最初 最後



投稿する



違反を通報する





Findメニュー


▲ページTOPへ

お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
Find連携サイト
サッカー 競馬 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能
(c)NetDreamers