Find
Findメニュー
マイページ




TOP > 話題  



民進党について語ろう!


民主党+維新の党+αで結成された最大野党。 2017年7月18日現在、執行部は下記のメンバーで構成される。 <代表> 蓮舫 <代表代行> 安住淳 江田憲司 <幹事長> 野田佳彦

オーナー
匿名
クリップ




投稿する



新しい順  |  古い順  



[1039] 匿名

5時間前

この期に及んで野党共闘に難色を示すとか現実を見れないのか?



いいね! 0



[1038] プリンス師範

19時間前

私は必ずしも解散は賛成ではないが、当事者のあんたらが解散言われてバタバタしてんのは見苦しい。

10月選挙なんて唐突な話じゃねぇし。政権を奪う気があるなら、いつ何時選挙があってもいいように議員及び政党活動してるもんだろ?

あんたらがモリカケを始めとしたただ単に安倍降ろししてきたりブーメラン投げまくった成果を審判が下るんだから、むしろ選挙を待ち遠しく思ってなきゃおかしい。



いいね! 2



[1037] 匿名

21時間前

離党ドミノで

そして誰もいなくなった…

    <END!>
     m(__)m


これが将来像だな。





いいね! 0



[1036] 匿名

2017/9/17 20:06

>>1034 同感です!













いいね! 0



[1035] 匿名

2017/9/16 18:38

>>1034
都合の良いときだけ中国籍にするのね。




いいね! 0



[1034] とりゴメネメシス

2017/9/16 15:32

ニュージーランドで13日、中国出身の国会議員が中国で軍事および諜報活動の訓練を受けていたことが発覚し、中国政府のスパイであるとの疑惑が浮上した民進党の二重国籍もスパイでしょ



いいね! 3



[1033] 匿名

2017/9/16 13:01




いいね! 0



[1032] 匿名

2017/9/16 11:10

前原氏に期待する事は只一つ。
『共産党との決別』

それしか無い…!!



いいね! 2



[1031] 匿名

2017/9/14 20:50

>>1030
前原氏がもう1点、失敗だったというのが「政治を人の好き嫌いで行い」旧民主党を分裂させたことだ。下野後、旧民主党政権で敵対した自由党の小沢一郎代表と定期的に会うようになった。
 前原氏は「『民進党』の名前にこだわらない」とも語るようになった。小沢氏は、野党勢力が比例代表で統一名簿を作成する「オリーブの木構想」が持論だ。民進党を離党した細野豪志元環境相には「将来一緒にやれるという思いを持ち、信頼関係をつなげたい」と秋波も送っている。かつては橋下徹前大阪市長と連携を模索したこともある。
 前原氏に近い松井孝治元官房副長官は「挫折を経て自身へのネガティブな意見ものみ込むように度量が広がった。首相を目指すラストチャンスと覚悟を固めつつあるからだろう」と分析する。ただ、意見の異なる勢力を包む「変化」は、野党再編の引き金となるかもしれない。





いいね! 0



[1030] 匿名

2017/9/14 20:50

民進党代表選(9月1日投開票)は、今のところ前原誠司元外相が優位に進めている。前原氏はすでに代表を経験しているなどキャリアは十分だが、言動が一致せず失敗したことも少なくない。代表選では「失敗で変わった」とアピールする。ところが、看板である「共産党との共闘見直し」は早くも怪しくなってきた。(奥原慎平)
 「異なる意見の人を包み込む包容力、懐の深さに私自身も含めて欠けていた」
 前原氏は23日、産経新聞などとのインタビューで、旧民主党政権の失敗について、自らの欠点と重ねながら淡々と振り返った。
 「前原誠司は変わった。日本のために」
 前原氏は、昨年9月の党代表選で、こう記したパンフレットを配った。「現実を見ずに理念だけで突っ走る」などと揶揄されたことへの反省を込めていた。
 平成21年、当時の民主党が政権を取り、国土交通相に就任すると、いきなり八ツ場ダム(群馬県)の建設中止を宣言した。結局、中止に伴う国費支出が膨大になることも明らかになり、方針は撤回された。23年には、在日外国人の女性から政治資金を受け取っていたとして外相を辞任した。
 18日のBS番組で、八ツ場ダム問題について「結論ありきでなくワンクッション置き、ずるくいえば逃げ道を残す(必要があった)」と振り返った。さらに外国人献金問題と合わせ「戦国時代ならその都度切腹ものだ。それだけの失敗を経験したからこそもう一度野党を再生させ政権交代させたい」とも語った。
前原氏は、共産党との共闘について「理念や政策の違う政党とは組めない」と繰り返し、6月に民共に自由、社民の4党首が合意した次期衆院選での選挙協力についても「是非も含め見直す」と明言した。
 ただ、23日のインタビューでは、民共の選挙協力について「地方組織がどう捉えるかを加味しながら総合的に判断する」とあやふやな回答になった。言行不一致となったら、民共連携の解消を期待する前原氏の支持勢力は離れかねない。
 



いいね! 0



前1 2 3 4 5次#
最初 最後



投稿する



違反を通報する





Findメニュー


▲ページTOPへ

お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
Find連携サイト
野球 サッカー ゴルフ 競馬 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能
(c)NetDreamers