Find
Findメニュー
マイページ




TOP >



アメリカって


ドナルド・トランプが第45代大統領に就任して、日本はもちろん世界にも多々話題を提供しています。 なので、トランプ政権だけでなくアメリカについてならフリースタイルで語るスレを作成しました

オーナー
プリンス師範
クリップ




投稿する



新しい順  |  古い順  



[377] とりドメマホーン

2018/10/16 15:15

>>376
リベラルの正体見たり差別主義者ですね。
リベラルが言っていい批判内容(中傷)じゃないんだよなあ…



いいね! 1



[376] 匿名

2018/10/16 14:55

>>374
メディアの報じ方が不公平だろうと
個人的には好きですね
リスクを覚悟ではこれまで曖昧だったことをはっきりさせようともしてるし
オバマのときよりも大国らしい
アメリカ国内でも「トランプ支持者は低学歴で低収入」とか中傷してるのを見ました
隠れトランプ支持の実際の数を見誤っていたのでしょう



いいね! 2



[375] とりドメマホーン

2018/10/16 14:54

>>371
この女性議員見てネイティブと思う人いないだろうからマイノリティは無理がありすぎますね。

民主党がやってるのは単なる弱者ビジネスであることを体現しているような人しかいないのならトランプさん二期目もあるかも…

サンダースさんは、もうやらんのかな



いいね! 1



[374] とりドメマホーン

2018/10/16 14:49

>>373
公約と支持者に律儀ですよ。オバマさんの同時期より支持率高いのは景気と雇用を改善してるからで、日本のメディアの報道は明らかに歪んでいます。



いいね! 1



[373] 匿名

2018/10/16 14:44

なんだかんだ言ってトランプは口にしたとは実現してる
これまで綺麗事を並べたり問題から逃げてた前の政権より立派



いいね! 2



[372] とりドメマホーン

2018/10/16 12:41

在日米軍が韓国を指定第三国扱い。韓国人立ち入り審査を厳格化〓
露骨に「敵国」扱いですね。もはや同盟国ではない



いいね! 1



[371] レイ

2018/10/16 9:13

お邪魔ついでにもう1つ
同氏曰く

【アメリカ民主党の大統領候補として最有力のエリザベス・ウォーレンは、弱者救済政策に熱心な民主党らしい政治家で、ロースクールでも教鞭をとる優秀な女性政治家だ。

ただ、ここ最近は、ずっとスキャンダルに翻弄されていた。それは彼女がマイノリティとして優遇措置を受けて大学を出ているものの、そもそも「マイノリティではなかったのではないか」ということだ。

アメリカではマイノリティであると大学進学や学費で大きな優遇が受けられる。ウォーレン氏の場合はネイティブ・アメリカン(以前はインディアンと呼ばれていた)だということになっている。

「どう見てもネイティブ・アメリカンじゃないだろう」ということで、トランプ大統領からもかなり批判された。「私は親からそうだ聞いている」と反論し(これは事実らしい)、「じゃあ、DNAテストを受けろ」と言い返されてきて、ずっと拒否してきた。

ついでに「ポカホンタス」と呼んで、差別主義者と批判されたこともある(一言多いな)。

その彼女がついにDNA検査を受けた。その結果、ネイティブ・アメリカンのDNAが見つかった。そこで、本人も大いに告知、ワシントンポストを始め、多くのメディアも「ウォーレンが正しかった!」と報道している。

しかし、よく読むと「6代から10代前くらいにネイティブ・アメリカンがいる」という程度の話。反トランプならなんでもあり状態続く】



いいね! 1



[370] レイ

2018/10/16 9:04

S氏曰く

【今回はトルコが「漁夫の利」を得たな。

アメリカ在住のサウジアラビア人ジャーナルスト、ジョマル・カショギ氏殺人が起こったのはトルコということで、捜査はトルコ警察がやるのだが、なんと、その真犯人がトップにいるサウジアラビア警察と合同チームを組むということだ。

もうやらせ決定。

おそらくこうなる。

トルコ「殺人はあったけど、サウジのミスでした」

サウジ「えろーすんまへん。以後気をつけます」

トルコ「つきましては、アメリカ人牧師をアメリカにお返しします」

サウジ「へー、なんでやの?」

トルコ「いやいや、こちらもミスでしたんや」

サウジ「あやー、そちらはんもミスですのん。それじゃ仕方ありまへんなー」

トルコ「そうでんねん。じゃあ、アメリカはんに一緒にあやまりまひょ」

サウジ「そうしまひょ、そうしまひょ」

・・・という感じだろう。

ただ、アメリカがトルコに制裁しているのはアメリカ人牧師の拘束が原因ではなく、アメリカのイラン制裁の中で、イランのマネーロンダリングに協力して制裁破りをしてきたからだ。それでもこれを機会に、トルコとしてはアメリカとの関係修復をはかるはず。

結局、困るのはイランで、実はいちばんトクするのはトランプ大統領という構図である。ほなさいなら。】



いいね! 0



[369] プリンス師範

2018/10/16 0:19

米プロレス団体WWE(かつてトランプも出場)は、来月にサウジで数万人収容規模のイベントを開催予定で大々的に宣伝やそれに向けた因縁作りをやっていたが、今回のカショギ氏の問題でムハマド皇太子に殺人(指示)容疑がかかったため、開催中止になる可能性が浮上。WWEのHPでは宣伝を打たなくなった。

米政府側は中止するように圧力をかけたのではないかと推測されている。それだけ米国、サウジ、トルコは緊張関係にある。



いいね! 1



[368] とりドメマホーン

2018/10/15 18:59

ブランソン牧師釈放をエルドアンさんは「司法判断」と言っているが、
有罪判決だが、拘束が長期なので刑期を既に終えたという奇妙な判断。
要するに国内と国外を両方満足させたい意向が働いた判断



いいね! 0



前1 2 3 4 5次#
最初 最後



投稿する



違反を通報する





Findメニュー


▲ページTOPへ

お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
Find連携サイト
サッカー 競馬 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能
(c)NetDreamers