Find
Findメニュー
マイページ




TOP >



テロ準備罪、いわゆる共謀罪


国際的な組織犯罪対策の何が悪いの? 一般市民には影響ないのに。

オーナー
匿名
クリップ




投稿する



新しい順  |  古い順  



[100] 匿名

2017/4/21 22:48

>>99
レベルを合わせてもらってるのに、その言い草は無いんじゃね?



いいね! 2



[99] 匿名

2017/4/21 20:45

>>98
そんな低い次元で物事考えてるんじゃ話しにならんな。



いいね! 0



[98] 匿名

2017/4/21 20:20

共謀罪が悪法だって言うんなら、とりあえず成立させたほうが安倍ちゃんの支持率落ちるのでは??

パヨクって…( ̄◇ ̄;)



いいね! 1



[97] 匿名

2017/4/21 17:43

>>90
まずは日本の将軍様の心配だろうが。しっかりしろよ。




いいね! 0



[96] 匿名

2017/4/21 17:42

【テロ等準備罪反対派のゆんゆん電波】 (※括弧内は発言者もしくは発表媒体)
・「保育園を増やして」母親たちの声が共謀罪となる社会 (九州大学内田博文名誉教授)
・釣り禁止の所で釣りを計画してやめても共謀罪 (東京新聞)
・マンションの反対運動が出来なくなる (東京新聞)
・恣意(しい)的な身体の拘束の幅が広がり、思想表現の自由が制約される (朝日新聞)
・同人誌が作れなくなる (buzzap)
・警察権力の監視によって思考が盗み見られている状況に陥り、精神が崩壊する (香山リカ立教大学教授)
・目配せだって共謀だ。死んでいない限り共謀罪が成立する。 (社民党福島瑞穂)
・共謀罪は私たちの表現を奪う (日本ペンクラブ)
・ラインもできない共謀罪 (民進党階猛)
・下見も危ない共謀罪 (民進党階猛)
・カレーも作れない共謀罪 (民進党階猛)



いいね! 0



[95] 匿名

2017/4/21 17:41

>>92
こじつけ、ご苦労様です。




いいね! 0



[94] 匿名

2017/4/21 17:41

政策の優劣を競えば常に不戦敗の民進党が今できるのは、政策は放っておいて人にスキャンダル発掘、攻撃をする事くらい
政策選択の場である選挙ではいつも不戦敗



いいね! 1



[93] 匿名

2017/4/21 17:41

いつだったかこの法案が審議入りする前くらいに
海外では法律があってもテロが防げていない!とか言ってたのを聞いた気がする
なんつーアホな理論だろうと感心したんだけど、あれは蓮舫だったんだろうか



いいね! 1



[92] 匿名

2017/4/21 17:40

おそらくだが海がOKで山がOUTになっているのは
テロリストが野営して諜報活動等をすることを想定しているんだろう
金田法相は山尾の質疑のとき資金源などとすっとぼけていたが

テロ対策って要するに諜報戦なのよ
その基準や規格をわざわざ自分からテロリストに詳らかにする馬鹿な国家はどこにもない



いいね! 1



[91] 匿名

2017/4/21 17:40

【テロ等準備罪法案】実質審議入りも揚げ足取り質問目立つ 首相出席で政局模様に

共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が19日、衆院法務委員会でようやく実質審議入りした。約7時間の質疑のうち安倍晋三首相も1時間近く出席し、テロ対策の重要性を訴えたが、民進党などは法務委の政局化を狙ったかのような揚げ足取りの質問が目立ち、議論は十分には深まらなかった。

 テロ等準備罪法案は与党内の調整が手間取ったこともあり、国会提出が3月21日にずれ込んだ。野党の反発もあって審議入りは約1カ月後になった。満を持しての実質審議入りだったはずが、初日は入り口から法案の中身とは無関係の問題で与野党が衝突した。

 与党は事前に、法律論に関する審議充実のため法務省の林真琴刑事局長の出席を求めた。しかし、答弁が不安定な金田勝年法相を標的としたい野党は拒否。このため法務委の冒頭、鈴木淳司委員長(自民)の職権による異例の採決で林氏の出席を決定した。

 民進党の山尾志桜里前政調会長は「委員長までがグルになって数の力で無理やり呼んだ」などと批判。閣僚らの答弁義務を定めた憲法63条を盾に同党は「法務委員一同」名で「看過できない憲法違反だ」との文書を配布し、アピールした。

非建設的な質問も続いた。山尾氏は第1次安倍政権の平成19年2月に第1回東京マラソンが開かれたことを挙げ、「テロ対策に不可欠なら、なぜ第1次政権で成立しなかったのか」とかみついた。これに対し首相は「第1次政権の1年間にできなかったからといって、やらないという理由にはならない。政治は常に大きな責任を持っている」とかわした。共産党の藤野保史前政策委員長は「警察の目が私たちの生活の隅々に及んでくる。監視社会だ」と訴え、不安をあおった。

 首相が退席した後は、野党議員も捜査範囲の拡大などを冷静に追及する場面もあった。とはいえ、質問に立った日本維新の会の松浪健太氏が「枝葉末節な話を首相や法相に聞くのは問題がある」と嘆いたように、不毛な議論が目立った。

<a href="?pid=go_link&url=http%3A%2F%2Fwww.sankei.com%2Fpolitics%2Fnews%2F170419%2Fplt1704190084-n1.html">http://www.sankei.com/politics/news/170419/plt1704190084-n1.html</a>



いいね! 0



前1 2 3 4 5次#
最初 最後



投稿する



違反を通報する





Findメニュー


▲ページTOPへ

お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
Find連携サイト
野球 サッカー ゴルフ 競馬 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能
(c)NetDreamers