Find
Findメニュー
マイページ




TOP > 社会・政治 > 事件・ニュース  



コテハンユーザーのための日本の政治経済を語るスレ


最近の政治系スレ(特に安倍晋三内閣スレ)は、匿名ユーザーによる誹謗中傷や同じ画像の貼り付け、またニュース記事をコピペするだけの投稿が多く占められます。 そのため、しっかりとした議論や主張をする場が妨げられているのが現状です。 そのことから、このスレを立ち上げました。

オーナー
匿名
クリップ




投稿する



新しい順  |  古い順  



[42] プリンス師範

2019/6/15 20:36

>>38

表に出ている報道だけでは、少なくとも「日本vsイラン」という図式ではイランの勝利である。タンカーをやられたのは、私も想定外で甘かった。確かに中東では起こりうる話。

では「good以上なの?」となりますね。
「vsイラン」は、あの日で完結ではありません。
まずはハメネイの発言は世界が耳にした。それを引き出した日本の首相を各国の政治家がどう評価するかです。メディアの評価は問題ではありません。

現在の評価を上げるか下げるかは、G20で大方出てくるでしょう。




いいね! 0



[41] カープMAX

2019/6/14 14:13

これをまだ作成してなかったので・・
「各党獲得議席数予想・
6月13日時点(前編)」
(下記URLからどうぞ)
<a href="?pid=go_link&url=http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fdevi_nakao%2Farchives%2F29477653.html">http://blog.livedoor.jp/devi_nakao/archives/29477653.html</a>
今までの更新分はこちら。
「全国比例各党予想」(同)
<a href="?pid=go_link&url=http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fdevi_nakao%2Farchives%2F24861903.html">http://blog.livedoor.jp/devi_nakao/archives/24861903.html</a>
「東日本・各県選挙区」(同)
<a href="?pid=go_link&url=http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fdevi_nakao%2Farchives%2F29465250.html">http://blog.livedoor.jp/devi_nakao/archives/29465250.html</a>
「西日本・同」(同)
<a href="?pid=go_link&url=http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fdevi_nakao%2Farchives%2F29465300.html">http://blog.livedoor.jp/devi_nakao/archives/29465300.html</a>
現時点での、各県選挙区と
全国比例の各党の
議席獲得数をそれぞれ
まとめました。
ぜひご覧くださいませ。



いいね! 0



[40] プリンス師範

2019/6/14 13:09

>>38
まぁ予想通りでしたね。

嫌いな人は叩く結果ですな。




いいね! 0



[39] カープMAX

2019/6/13 14:33

色々動きを受け、選挙MAXを更新しました。
「全国比例各党予想」(下記リンク集からどうぞ)
<a href="?pid=go_link&url=http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fdevi_nakao%2Farchives%2F24861903.html">http://blog.livedoor.jp/devi_nakao/archives/24861903.html</a>
「大阪府〜夏の陣で維新の牙城はどうなる?」(同)
<a href="?pid=go_link&url=http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fdevi_nakao%2Farchives%2F23193119.html">http://blog.livedoor.jp/devi_nakao/archives/23193119.html</a>
動きのあった全国比例&大阪、
「東日本・各県選挙区」(同)
<a href="?pid=go_link&url=http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fdevi_nakao%2Farchives%2F29465250.html">http://blog.livedoor.jp/devi_nakao/archives/29465250.html</a>
「西日本・同」(同)
<a href="?pid=go_link&url=http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fdevi_nakao%2Farchives%2F29465300.html">http://blog.livedoor.jp/devi_nakao/archives/29465300.html</a>
全国比例と大阪府を
最新予想に更新すると共に、
予想のリンク集を
「全国比例&特集・その他」
「東日本・各県選挙区」
「西日本・同」の3つに分類し、
見やすくしました。
ぜひご覧くださいませ。



いいね! 0



[38] プリンス師範

2019/6/12 20:17

安部首相はイランに行ったが、最高の結果になる可能性はほとんどないだろう。

だが、どういう結果になっても、イランに行き首脳会談を実現させた時点で、もう成功(good以上)が確定である。G7のトップが今のイランの中枢に会うことは、それだけの価値があるということだ。



いいね! 1



[37] プリンス師範

2019/6/11 23:33

小野寺元防衛相が再び「丁寧な無視」発言をして脚光を浴びて(までは大袈裟だが)いるが、そもそもそんな表現の日本語は聞き慣れないなと思っていたが、渡瀬裕哉氏によると国際政治の文脈で使われるbenign neglectの意訳だと推測されるそうだ。

マイケル・グリーンというCSIS(戦略国際問題研究所)副理事長の中央日報への寄稿内容などにその言葉が使われていたそうだ。小野寺氏は元防衛相で米国通とも言われているだけに、この原文を引用している可能性はゼロではあるまい。これに限らずbenign neglectという英表現は珍しいものではないとも言う。

前置きは長くなったが、今回の丁寧に無視は、正しいとは言えない。それがOKなのは、韓国が何か頼み事をした場合や国益を脅かすには至らない挑発行為だ。

だが、火種のきっかけになったレーザー照射問題は、それらに当たらない。明らかに国を脅かした行為である。

そういう場合は、無視はむしろ全く効果はない。しっかりと謝罪をさせ、しなければ(丁寧でなくてもいい)、報復.制裁→撤退→断交、と進めるべきなのだ。

保守界隈では「岩屋を更迭し小野寺に戻せ」と言う声は多いし、間違いなく[小野寺>岩屋]だが、「丁寧に無視」発言をし続けているようでは、防衛相として適任というには?である。私は佐藤正久氏(ヒゲの隊長)に一度やってもらいたい。




いいね! 1



[36] プリンス師範

2019/6/2 22:07

「岩屋批判」をやたら目する今日この頃だが、岩屋批判だけしても意味がない。「岩屋批判≒安倍批判」でもある。或いは首相以外で人事の権限を持つ人。それを言及しない者が多過ぎる。

まず、何で岩屋氏を防衛大臣に任命したのかを、改めて首相に発言してもらいたいものだ。



いいね! 2



[35] 書記長

2019/5/25 6:43

【「いいね」の時代】


インターネットが人々の暮らしの中に、なくてはならないものとして浸透し、今や社会インフラとして確固たる地位を占めた。過去の、そして現在進行形の事象とそれに伴う意味を調べ、検討する事も可能になった。また、SNSは個人が“発信者”となる事を可能にした。身近な出来事から世界規模の政治的・経済的・社会的事件に至るまで私たちは意見を述べ、他者の意見に賛成したり反対したりできる。

何事かを述べた時、その意見に賛同する「いいね」。その「いいね」を貰う事は嬉しいものだ。自分の意見の正しさを保証してもらったように思える、私という人に共感してくれる人がいるのだ、と感じられることは自己肯定感を満足させてくれる。SNSを通じて共感した人々の行動が巻き起こすムーヴメントが世界を変える事もある、「緑の革命」などか正にそれだ。

だがしかし、一方で軽率な、無責任な「いいね」もまたそこには混ざっている。検討や推考を経ない「いいね」、先に挙げた「いいね」もこの「いいね」も一見しただけでは区別ができない。「いいね」と似ている「フォロワー数」もまた然り、偽装された「フォロワー数」とそうでないものの区別は検証を経なければ分からない。また、「いいね」「フォロワー数」が多い事がその意見の正しさを必ずしも証明するものではない事を私達はともすれば忘れがちだ。

共感と理解が早く広く伝わる事と、憎悪や悪意もまた同じように素早く拡散する事が並立する世界に今私たちは生きている。
「いいね」は良いものだが「いいねありき」は危ういものだ。検索や検討が手軽になった事は思索までが手軽になった事を意味しないのだと頭のどこかに置いておかなくてはならない時代でもある、という事だ。

なかなかに骨が折れる時代なのだな…。




いいね! 1



[34] プリンス師範

2019/5/21 22:22

>>33
半分以上把握したことを言えば、
・買う金がないなら輸入を手控えたら、プラスの数字になっちゃった
・概要を見れば全然プラスじゃない
・真の実態は、米が中に仕掛けた現在(4月~6月期)の数値。ただそれを見る頃だと手遅れ。

要は、この実質GDPの数値で増税するか否かは判断材料には乏しい、ということ。

じゃあ、どうするか、だが。



いいね! 1



[33] プリンス師範

2019/5/21 0:32

内閣府が発表した2019年1~3月期GDPの1次速報値は、2四半期連続のプラス成長となった。

物価変動を除いた実質GDP(季節調整値)は、前期よら0.5%(年率2.1%)のプラスだった。

しかし、GDPの個別項目を見ると、日本経済を支える主要項目である民間消費は前期比0.1%減、設備投資は0.3%減、そして輸出は2.4%減。
輸出を対をなす輸入は、国内での消費や生産活動が低調だったため、前期比4.6%減に。

 輸入の「増加」は統計上、GDPを押し下げる効果がある。今回は、輸入の「減少」が大きく、統計上はGDPを押し上げる方向に働いた。
輸入減、輸出減はいずれも経済活動の停滞を示している。


何て記事(朝日など)やデータのコピペをしてみたが、私自身の現状は半分も把握していない。

でありながら、このネタをやっているのは、前期よりマイナスだった場合、消費増税の凍結などが囁かれていたため。だから、増税をしたい勢力は無理くりプラスにする努力をして、そうなったという話。

で、何故朝日の記事をソースに持って来たかというと、増税に反対ではない朝日の視点でも、この結果に浮かない感じを見せているのを示しているから。

数字は誤魔化せないといったところか?



いいね! 1



前1 2 3 4 5次#
最初 最後



投稿する



違反を通報する





Findメニュー


▲ページTOPへ

お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
Find連携サイト
サッカー 競馬 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能
(c)NetDreamers