Find
Findメニュー
マイページ




TOP >



大井記念


1956年創設。1996年「帝王賞」を4月から6月開催へと変更した後は、同競走の前哨戦としての位置付けに。2014年からは上位2着まで「帝王賞」優先出走権が付与されるようになり、距離も2000mへ変更。負担重量は2018年に【S1】への格上げとともに定量となった。

オーナー
匿名
クリップ




投稿する



新しい順  |  古い順  



[6] 匿名

2022/5/25 22:59

ミューチャリーが最下位まで沈むのは意外も、凡走するのは稽古の動きからは必然。

東京優駿に向けた最終追い切りも怪しい動きをした馬が…

競馬って最後の最後まで予想しちゃいけませんな…



いいね! 0



[5] 匿名

2022/5/25 1:19

ミューチャリーの矢野師は「前走の結果については、勝負処での仕掛けのタイミングの差が出たと思っている。この中間は軽いところを含めて何本も乗っているので、仕上げに関しては満足している。当然連覇を決めたい」と語っている。

が、最終追い切りだった土曜日を含めて3週連続で一杯に追われながらも、上昇気配は乏しい。


5/07 船橋外右稍 64.5 - 50.2 - 37.7 一杯
B1馬の一杯に外4F併(0.1秒遅れ)

5/14 船橋外左不 67.8 - 50.1 - 37.6 一杯
A1馬の馬なりに内4F付(同入)

5/21 船橋外右良 68.0 - 51.4 - 37.6 一杯

昨年 船橋外右良 63.5 - 49.6 - 35.9 一杯


今年の3月に砂厚を深くした船橋なので、昨年の時計とは単純比較は出来ないが、目標が先の帝王賞とはいえ、昨年のこのレースから秋まで「仕掛けられたら瞬時にグイッと動いていた」時と比較すると、正直物足りない。

モタモタしている間に「頭」を取り損ねて…となっても、違和感は感じないので「2,3着固定」とかでも、、、



いいね! 1



[4] 匿名

2022/5/24 12:10

昨年のこのレースは、砂の入れ替えがまだ半分(1400m発走地点を含む1角から3角まで)終わったところだったので、フルコートを現在の砂になってから行うのは初。

6月上旬に全面入れ替えが完了してから行われた大井のG1/Jpn/S重賞は

東京ダ(良/16頭)1→12→10人気
優駿ス(重/16頭)5→1→6人気
帝王賞(重/13頭)4→10→6人気 
JDD(稍/13頭)12→2→3人気 
マイル(良/12頭)8→3→1人気
黒潮盃(不/15頭)2→1→4人気
アフタ(重/12頭)4→3→1人気
東京記(重/16頭)4→8→2人気
ゴール(稍/13頭)2→1→4人気
東京盃(稍/13頭)7→1→2人気
Lプレ(良/10頭)3→1→2人気
サンタ(重/14頭)5→8→3人気
ハイセ(良/14頭)2→7→8人気
勝島王(不/16頭)2→9→12人気
東京大(良/15頭)1→3→7人気
東京シ(良/16頭)2→3→4人気
東2牝(良/16頭)5→2→7人気
────────────────────
TCK(良/12頭)1→4→2人気
金 盃(良/13頭)2→5→4人気
雲取賞(稍/10頭)2→1→3人気
フジノ(良/14頭)1→2→8人気
京浜盃(稍/11頭)1→8→2人気
東スプ(不/13頭)4→1→8人気
ブリリ(重/16頭)9→2→3人気
東京プ(良/16頭)1→5→2人気
羽田盃(稍/15頭)9→13→1人気
大井記 

春先は馬場の含水率が高くなる日が多くなって、破壊力抜群な荒れ方をする日が再び多くなった。

ちょっとでも馬場の湿り具合が変化する毎にレコードラインが大きく変わる砂だけに、定量戦とはいえ平穏な決着になる否かはレース当日の馬場次第かな。



いいね! 1



[3] 匿名

2022/5/24 12:08

現行条件(定量戦:S1昇格)になった18年からの優勝馬は

21年 ミューチャリー   牡5 6馬身
20年 ストライクイーグル 牡7 1/2馬身
19年 モジアナフレイバー 牡4 3馬身1/2
18年 リッカルド     セン7 3馬身

さすがに7歳になっては無理だが、その他の2頭は1番人気をしっかり破って、南関の代表馬へと上り詰めた若い世代だった。いまの条件になってから

21年(重/16頭)2:04.3 前61.6 - 後62.7
20年(不/13頭)2.07.4 前61.7 - 後65.7
19年(重/16頭)2.05.0 前61.4 - 後63.6
18年(良/12頭)2.06.2 前63.0 - 後63.2

馬場状態と出走頭数の違いにより時計はバラバラだが、前半突っ込み型の展開になりやすいものの、馬券絡みした馬の2角からのコーナー通過順は

21年 13-4-2 → 3-3-3 → 6-6-4
20年 5-5-6 → 3-3-3 → 1-1-1
19年 7-4-3 → 4-2-2 → 5-3-4
18年 5-5-5 → 2-2-1 → 3-2-3

積極的に乗った方が吉だったが、近3年は

21年 3着(1人気)
20年 2着(3人気)
19年 3着(1人気)

という成績の先行するタービランスがいたことも大きく「あの馬をマークしておけば…」という展開にもなっていた。実際馬券絡みをした馬の馬番は

21年 10→15→3番
20年 12→11→1番
19年 5→8→2番
18年 4→10→12番

近3年はタービランスを内に見て動けていた利もあった。馬券に絡んだ馬の人気は

21年 2→3→1人気(牡5→牡6→牡8)
20年 1→3→6人気(牡7→牡7→牡8)
19年 4→2→1人気(牡4→牡7→牡6)
18年 1→9→2人気(セン7→牡5→牡4)

昨年は平穏だったが…



いいね! 0



[2] 匿名

2022/5/24 12:06

2022年 出走馬  
 
1 シュプレノン    セン7  
2 コパノジャッキー  牡7  
3 ロードゴラッソ   牡7 
4 ランリョウオー   牡4 
5 キタノオクトパス  牡5 
6 タイムフライヤー  牡7 
7 ノーブルサターン  牡8 
8 ノンコノユメ    セン10 
9 メイショウワザシ  牡7 
10 アールスター    牡7 
11 フィアットルクス  牡7 
12 マースインディ   牡7 
13 セイカメテオポリス 牡4 
14 コマビショウ    牡7 
15 ミューチャリー   牡6 



いいね! 0



[1] 匿名

2022/5/24 12:06




いいね! 0






投稿する



違反を通報する





Findメニュー


▲ページTOPへ

お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
Find連携サイト
サッカー 競馬 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能
(c)NetDreamers