Find
Findメニュー
マイページ




TOP >



ボクシングPFPは誰?


ボクシングで歴代パウンド・フォー・バウンド(もし階級関係ないとすれば最高・最強の選手)は誰だと思いますか? 僕はハグラー、プライアー、タイソン、デュラン・ロペス、ロビンソンが有力だと思いますが、個人的にはハグラーをおしたいです。

オーナー
匿名
クリップ




投稿する



新しい順  |  古い順  



[144] プリンス師範

2017/9/17 21:21

>>141
なので、最新のPFP

1.ゲンナディ・ゴロフキン
2.アンドレ・ウォード
3.ワシル・ロマチェンコ
4.テレンス・クロフォード
5.サウル・アルバレス
6.井上 尚哉
7.アンソニー・ジョシュア
8.マイキー・ガルシア
9.キース・サーマン
10.アドニス・スティーブンソン

井上は落ちたが、これは全体のレベルが上がってしまったため。それでも井上の評価は上がっている。上にいる連中はビッグマッチをやってきたので、「試合+α」の「α」が大きい。

今後の期待は
ワイルダーvsオルティスの勝者
ウシク





いいね! 0



[143] プリンス師範

2017/9/13 22:46

ちょっと日本人PFP作りました。

1.井上 尚弥
2.井岡 一翔
3.田中 恒成
4.田口 良一
5.比嘉 大吾
6.山中 慎介
7.亀田 和毅
8.村田 諒太
9.木村 翔
10.岩佐亮祐

大きく変わるかなぁと思ったらそうでもなかった。今日、田中はダウンして印象を悪くしたが、それでも才能はあるので田口よりまだ上。

前回ベスト10から外した久保、福原は初防衛失敗。今回もランクインしなかった拳四朗と京口は是非初防衛してランクインして欲しい。



いいね! 0



[142] プリンス師範

2017/9/11 0:04

>>141

つまり、シーサケットvsエストラーダの勝者がランク入りする可能性は高いでしょう。



いいね! 0



[141] プリンス師範

2017/9/11 0:02

>>139

来週のGGG vs カネロが終わったら最新ランキング作ろうかな?

残念だがロマゴンは圏外になってしまいます。
代わりにマイキーが入るでしょう。
シーサケットはもう1人ビッグネームに勝たないとランク入りはしません。



いいね! 0



[140] プリンス師範

2017/8/14 22:54

山中の防衛戦前日という日に何故か現在の日本人ランキングを掲載

1.井上 尚弥
2.山中 慎介
3.井岡 一翔
4.田中 恒成
5.田口 良一
6.比嘉 大吾
7.亀田 和毅
8.村田 諒太
9.木村 翔
10.小國 以載

世界王者12人いますが、4人ランク外。 いずれも初防衛はまだ。しかし初防衛してない残りの3人はランク入りしているが、これは倒した相手のレベルとそれ以前の実績。本当は田口より比嘉が上の評価だが、世界戦実績を重視した?



いいね! 0



[139] プリンス師範

2017/6/30 1:48


今日で上半期が終わるので、暫定順位をやってみました。

週末にパッキャオの試合がありますが、どんな鮮やかな勝ち方をしてもランクインしないので、強行します。

1:アンドレ・ウォード
2:ワシル・ロマチェンコ
3:ゲンナディ・ゴロフキン
4:サウル・アルバレス
5:井上 尚弥
6:テレンス・クロフォード
7:アンソニー・ジョシュア
8:ローマン・ゴンサレス
9:キース・サーマン
10:アドニス・スティーブンソン

半年前は違和感があったウォードの1位だが、異論がなくなった訳ではないか、減ったのは間違いない。負けたコバレフは負け惜しみがカッコ悪かったこともありランク外に。

ジョシュアの7位は過大評価をしたのは、大一番を制したボーナス。負けたクリチコも15位以内にいます。

スティーブンソンはいい勝ち方だったので再浮上。

この先はGGGvsカネロの勝者が1位になる可能性が大。

今後のランクインが期待出来るのは
ワイルダー
チャーロ(2人とも)
(クロフォードに勝てば)インドンゴ
マイキー・ガルシア
ジャーボンティ・デービス
(ネリーに勝てば)山中
比嘉

他たくさん







いいね! 0



[138] プリンス師範

2017/4/12 22:30

>>137

と言いながら今日までずれ込んだのは、先週末にロマチェンコの試合があったから。

それを踏まえて

1:アンドレ・ウォード
2:ワシル・ロマチェンコ
3:ゲンナディ・ゴロフキン
4:サウル・アルバレス
5:セルゲイ・コバレフ
6:井上 尚弥
7:テレンス・クロフォード
8:ローマン・ゴンサレス
9:キース・サーマン
10:カール・フランプトン

11位以下はまだですが、試合に勝ったサンタ・クルス、山中、リナレスの順位は上がっているでしょう。クアドラスは勝ちましたが、下がるかも。



いいね! 0



[137] プリンス師範

2017/3/20 20:03

>>136
この順位、大きく変動しますね。

出来れば、3月中に最新版を作成してみようと思います。




いいね! 0



[136] プリンス師範

2017/1/8 1:00

で、[2016年 世界編]ですが

>>132が約40日前なのでそこと大きな変動はないと思い20位まで紹介。

しかし、数値化して見たら主観とは多少違っていた

1: 37 アンドレ・ウォード (5)
2: 36 ゲンナディ・ゴロフキン(1)
3: 35 ローマン・ゴンサレス(3)
4: 33 サウル・アルバレス(4)
5: 32 ワシル・ロマチェンコ(2)
6: 32 セルゲイ・コバレフ(7)
7: 32 井上 尚弥(9)
8: 31 カール・フランプトン(8)
9: 30 テレンス・クロフォード(6)
10:30 ダニー・ガルシア

11:29 マニー・パッキャオ
12:29 アドニス・スティーブンソン
13:28 キース・サーマン
14:27 レオ・サンタ・クルス
15:27 ファン・エストラーダ
16:26 ギジェルモ・リゴンドー(10)
17:26 山中 慎介
18:26 ケル・ブルック
19:26 ジャーマル・チャーロ
20:26 ホルヘ・リナレス
21:26 カルロス・クアドラス

# (数字)は>>132での順位。
# 日本人部門での井上と山中の数字が違うが、国内評価よりも数字は抑えてしまうのは必然です。
# 同数値の場合は総当たり対決妄想で決定。

ウォードの評価が上がった原因は、コバレフ戦でダウンからの粘りの逆転がスピードとパワー以外の6部門で評価が上がったため。もし妄想でウォードvsロマチェンコをやったらロマチェンコが勝つ。それ以外はこれでもいいかな。

尚、クリチコは数値27だったが、昨年は試合してないため除外。





いいね! 0



[135] プリンス師範

2017/1/6 22:44

>>134

1:井上 尚弥 38
2:山中 慎介 32
3:井岡 一翔 30

4:田口 良一 30
5:田中 恒成 30
6:内山 高志 29
7:三浦 隆司 29
8:長谷川 穂積 29
9: 亀田 和毅 29
10:高山 勝成 29
11:小國 以載 29

まず、長谷川を入れたかったので、今年は11位まで発表しました。
で、30,29点が羅列してしまった訳ですが、そもそも今回から数値化した背景には、この6位以下の方々の順位付けが難しかった故の策だったが、結果「だから難しかったんだ」訳です。でもランク入りを迷った28点の河野、八重樫、亀海、26点の比嘉を下位にすることが出来た。

井岡、田口、田中の順は実績を重視。田中は本当は田口より上かもしれないが今回は相手のフェンテスの出来が悪過ぎて割を喰った。

29点の方々は総当りリーグ戦を想像した結果の順位です。ただ小國だけは実績を重視したのでビリではありません。

このように今の日本人ボクサーは井上尚弥が図抜けていて山中が続く形。でも来年は今回名前が出なかった選手のランク入りはあるでしょう。



いいね! 0



前1 2 3 4 5次#
最初 最後



投稿する



違反を通報する





Findメニュー


▲ページTOPへ

お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
Find連携サイト
野球 サッカー ゴルフ 競馬 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能
(c)NetDreamers