Find
Findメニュー
マイページ




TOP > 格闘技・武道  



ボクシングPFPは誰?


パウンド・フォー・バウンド(もし階級関係ないとすれば最高・最強の選手)は誰だと思いますか?

オーナー
匿名
クリップ




投稿する



新しい順  |  古い順  



[154] プリンス師範

2020/1/2 17:34

2019年の私のPFP日本人版が今出来たので早速

1:井上尚弥 107※
2:田中恒成 95※
3:寺地拳四朗94※
4:井岡一翔 94※
5:村田諒太 93※
6:京口紘人 88※
7:伊藤雅雪 88
8:亀田和毅 86
9:岩佐亮佑 85※※
10:井上拓真 75

※は世界王者。※※は暫定王者
・同率ptの場合、2019年の世界戦実績を重視したため、この順番。

9位と10位の間が10ptあるのはやってて驚いた。今回は新顔がいなかったのが残念。そして今年は復活する比嘉大吾がどこまで活躍するかも注目。



いいね! 0



[153] プリンス師範

2019/11/21 23:24

現在、井上尚弥のランキングが色々と騒がしていますが、boxingscene.comの1位は流石にどうかな?
個人的なランキングは細分化して数値化しているので来年にちゃんとやる予定ですが、何となくで言うとクロフォードより上に来ちゃうのはちょっとね。>>149でクロフォードが1位だったからというわけではないが。

リングマガジンがクロフォードを4位にしたのは対戦相手の質を挙げているが、とは言ってもWBSS以前に4団体統一したことの評価は高くすべきと思う。

ただ、現在いるウェルター級でNo.1であることを証明出来ていない点で評価が下がるならば、それは尊重するが。



いいね! 1




ほんなら

ワイの

PFP発表しよか

1位 いうまでもなくロマチェンコ

2位 考えるまでもなくクロフォード

3位 仕方なくカネロ



いいね! 0




ここも

独占されとるやないか



いいね! 0



[150] プリンス師範

2019/1/12 1:39

>>149

続いて日本編

1:90・井上 尚弥(-)
2:79・田中恒成(+2)
3:78・比嘉大吾(-1)
4:77・拳四朗(+7)
5:76・伊藤雅雪(初)
6:75・京口紘人(初)
7:74・亀田和毅(16年7位)
8:74・井岡一翔(16年2位)
9:73・木村 翔(-3)
10:71・田口良一(-7)

・7、8位の差は暫定王座を保持の差
・前年ランクしてた人のうち3人は引退。尾川は試合出来ず。村田は11位
・井上拓真は13位。12位は八重樫



いいね! 0



[149] プリンス師範

2019/1/12 1:26

私の2018年度版です

まずは世界編。今年も昨年と同様の数値を出してます。

1:92・テレンス.クロフォード(+1)
2:91・ワシル.ロマチェンコ(-1)
3:90・井上 尚弥(+2)
4:89・サウル.アルバレス(±0)
5:88・ゲンナディ.ゴロフキン(-2)
6:84・オレクサンドロ.ウシク(初)
7:83・マイキー.ガルシア(±0)
8:82・シーサケット.ソールンビサイ(+1)
9:82・レオ.サンタ.クルス(-1)
10:81・アンソニー.ジョシュア(±0)

・8、9位の差はサンタ.クルスがマレスに勝ったことよりもシーサケットがエストラーダに勝ったことを重視したため。
・サーマンは昨年試合をしてないので、カウントせず
・スペンスはマイキーに勝てばランクが入れ替わるだろう
・ワイルダーはフューリーに勝っていればランク入りしていた
・リナレスはロマチェンコに負けるもランクアップ



いいね! 0



[148] プリンス師範

2018/11/2 1:18

ロマチェンコが考えたPFPが中々興味深い

<ロマチェンコPFPランキング>
5位.マイキー.ガルシア
4位.アンソニー・ジョシュア
3位.オレクサンドル・ウシク
2位.サウル・アルバレス
1位.テレンス・クロフォード

因みに、自分は入れてない。



いいね! 0



[147] プリンス師範

2018/1/30 22:29

>>146
では世界編

1.ワシル.ロマチェンコ 94
2.テレンス.クロフォード 94
3.ゲンナディ.ゴロフキン 92
4.サウル.アルバレス 90
5.井上 尚弥 90
6.キース.サーマン 86
7.マイキー.ガルシア 85
8.レオ.サンタ.クルス 85
9.シーサケット.ソールンビサイ 85
10.アンソニー.ジョシュア 81

*日本人選手は日本版と点数が違う。比嘉の場合、特に実績やディフェンスで評価が下がってしまった。

最初は数値を付けずニュアンスだけでやったが、その順位は

ロマチェンコ
ゴロフキン
クロフォード
カネロ
井上
マイキー
ジョシュア
サーマン
スティーブンソン
ダニー.ガルシア
だった。

シーサケットはロマゴンだけではランクインさせたくない、という私情が働いていたようであった。

ジョシュアはクリチコを倒した評価が大き過ぎた、となった。





いいね! 0



[146] プリンス師範

2018/1/30 22:15

約1カ月遅れで私選定の2017年度版PFPです。
一応10+1部門で数値を付けました。因みに「+1」は10項目で同点の場合、商品価値があると見なした方を上位としてます。
では、遅れた原因の日本人編から。

1.井上 尚弥 89
2.比嘉 大吾 87
3.田口 良一 84
4.田中 恒成 81
5.山中 慎介 79
6.木村 翔 79
7.村田 諒太 78
(8.尾川 堅一 77)
9.亀海 喜寛 77
10.河野 公平 76
11. 拳 四朗 73

*尾川は薬物検査がシロの場合。

因みに昨年試合をして引退した
井岡一翔→83
三浦隆司→79(山中>三浦>木村)
の評価。

若干比嘉の評価が高くなっているが、試合数を見ている上での採点なので問題なし。

ミニマム級の2人の世界王者がランク外だが、京口は特にジャンプアップの期待はある。



いいね! 0



[145] プリンス師範

2017/12/30 2:25

先日、英国のサイトで英国人PFPトップ5が発表されていた。

5位:クリス.ユーバンクJR(Sミドル)
4位:ジョージ.グローブス(Sミドル)

この2人は来年対戦が決まっている。

3位:ライアン.バーネット(バンタム)
統一戦を制したことが評価?

2位:アンソニー.ジョシュア(ヘビー)
ヘビー級がPFPのトップになるケースはほとんどないので、高評価なのか?っていうか、ジョシュアの上って誰かいたか?と考えながら1位は

→ビリー.ジョー.サンダース(ミドル)

これ、他国特に日本人はこんな順位にならないだろうね。それだけ地元ではレミュー戦の勝利を高評価しているようだ。現に勝ってからずっと見出しにデカデカとサンダースの名が踊ってた。



いいね! 0



前1 2 3 4 5次#
最初 最後



投稿する



違反を通報する





Findメニュー


▲ページTOPへ

お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
Find連携サイト
サッカー 競馬 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能
(c)NetDreamers