Find
Findメニュー
マイページ




TOP > サッカー  



J1総合掲示板


やっぱり日本サッカーの基本はJリーグでしょう。だからJの良いとこ、改善点、文句語りませんか?

オーナー
匿名
クリップ




投稿する



新しい順  |  古い順  



[5979] 匿名

2019/1/18 18:49

1月15日までに2019年J1チームに内定しているクラブユース出身の高校生

▽コンサドーレ札幌U-18
DF中村桐耶(→札幌)

▽鹿島アントラーズユース
DF佐々木翔悟(→鹿島)
MF有馬幸太郎(→鹿島)

▽浦和レッドダイヤモンズユース
GK石井僚(→浦和)
MF池高暢希(→浦和)
DF大城蛍(→浦和)

▽川崎フロンターレU-18
FW宮代大聖(→川崎F)

▽横浜F・マリノスユース
MF椿直起(→横浜F・マリノス)
FW山谷侑士(→横浜F・マリノス)

▽湘南ベルマーレU-18
MF柴田壮介(→湘南)

▽清水エスパルスユース
GK梅田透吾(→清水)

▽名古屋グランパスU18
DF菅原由勢(→名古屋)
DF藤井陽也(→名古屋)
MF成瀬竣平(→名古屋)
FW松岡ジョナタン(→名古屋 相模原へレンタル)

▽ガンバ大阪ユース
MF奥野耕平(→ガンバ大阪)

▽セレッソ大阪U-18
DF石尾崚雅(→金沢)
DF瀬古歩夢(→セレッソ大阪)
MF喜田陽(→セレッソ大阪)

▽ヴィッセル神戸U-18
DF小林友希(→神戸)

▽サンフレッチェ広島ユース
MF松本大弥(→広島)
MF東俊希(→広島)

▽サガン鳥栖U-18
FW石井快征(→鳥栖)

▽大分トリニータU-18
MF高畑奎汰(→大分)



いいね! 0



[5978] 匿名

2019/1/18 18:40

1月15日までに2019年J1チームに内定している高体連出身選手

▽青森山田
MF檀崎竜孔(→北海道)

▽前橋育英
FW榎本樹(→松本)

▽桐生第一
MF田中渉(→仙台)

▽昌平
MF原田虹輝(→川崎)

▽流通経済大柏
DF関川郁万(→鹿島)

▽成立学園
DF照山颯人(→仙台)

▽四日市中央工
DF山本龍平(→松本)

▽松山工
GK伊藤元太(→神戸)

▽東福岡
DF中村拓海(→FC東京)

▽長崎総科大附
MF鈴木冬一(→湘南)

▽大津
DF福島隼斗(→湘南)



いいね! 0



[5977] 匿名

2018/12/7 15:00

2018年J1全18クラブ「攻撃スタイル」分類

■グループ1(カッコ内は今季順位)
川崎(1位)
広島(2位)
鹿島(3位)
札幌(4位)
浦和(5位)
神戸(10位)
横浜FM(12位)
柏(17位)

「攻撃の積極性を示し、シュート決定力も高い」と言える。なかでも「超攻撃的」を貫いたのが、ゴール数とシュート数でともにリーグ最多の川崎だろう。57ゴール・シュート数453本の川崎に対して、2位の56ゴールを叩き出した横浜FMがシュート数402本で51本の差が見られる。いかにシュートの機会を多く作り出していたかが分かる。一方、降格の憂き目に遭った柏もこのグループに入る。得点数はリーグ8位タイ(47)、シュート数は同3位(405本)と上々なだけに、守備面での課題が透けて見える。

■グループ2
C大阪(7位)

「攻撃の積極性を示すも、シュート決定力が低い」のがC大阪だ。シュート数はリーグ5位の395本も、ゴール数になると一転してリーグ14位(39ゴール)と下位に沈む。相手ゴールに迫りながらも、シュート精度を欠いた形と言えるだろう。このグループは1クラブのみで、C大阪がレアケースとなった形だ。

■グループ3
清水(8位)
名古屋(15位)

「攻撃の積極性は欠くも、シュート決定力が高い」に分類される。シュート数は清水がリーグ14位の325本、名古屋は同17位の313本に止まっているが、得点数に目を移せば清水が同3位の56ゴール、名古屋が同4位の52ゴールと好成績を残す。他のクラブよりもシュート精度が比較的高かったことを示している。

■グループ4
FC東京(6位)
G大阪(9位)
仙台(11位)
湘南(13位)
鳥栖(14位)
磐田(16位)
長崎(18位)

「攻撃の積極性を欠き、シュート決定力も低い」に分類される。そのなかでJ1参入プレーオフに回っている磐田は、シュート数(リーグ10位352本)は比較的多いものの、35ゴールはリーグ17位となっており、苦戦の一因に浮かび上がる。極端な数値を残したのが、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが加入した鳥栖だ。得点数(28)とシュート数(280本)はリーグ最下位で極端に少ない。それでも残留を勝ち取れたのは、要所で効果的にゴールを挙げ、勝ち点を積み重ねたのが大きいと言えそうだ。



いいね! 2



[5976] 匿名

2018/11/20 19:00

Jリーグホームグロウン制度の導入と外国人枠の変更を決定した。

【ホームグロウン】とは

「12歳から21歳の間、3シーズンまたは36か月以上、自クラブで登録していた選手」

「満12歳の誕生日を含むシーズンから、満21歳の誕生日を含むシーズンまでを対象とする」

「期間は連続していなくてよい」

「21歳以下の期限付き移籍選手の育成機関は、移籍元クラブでカウントする」

「選手を国籍、またはプロ/アマの別、または年齢で区別しない」

「JFA・Jリーグ特別指定選手はホームグロウン選手と見なさない」

と定義されているが、その制度はホームグロウン選手をトップチームに登録しないといけないというもの。

2019年シーズンからの導入となるが、まずはJ1クラブのみに導入。1クラブ2人以上在籍していないといけない。2021年は3名以上、2022年からは4名以上となる。J2、およびJ3クラブは2022年より導入となる。

罰則はホームグロウン選手登録が満たされない場合は、翌シーズンのA契約25名枠から不足同数分が減ぜられる。AFCチャンピオンズリーグ出場クラブの場合はA契約27名枠から減ずる。なお、自クラブ第3種または第2種チームで3年以上育成したA契約選手を、A契約25名枠外で登録する制度は存続。当該選手はホームグロウン選手と見なされる。


【外国籍選手枠は登録】に関しては、A契約25名枠内であれば制限が設けられなくなる。試合エントリーはJ1が5人、J2及びJ3は4人が上限。試合出場も同様となる。なお、Jリーグ提携国と定めている国(タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタール)の国籍を有する選手は外国籍選手の人数には含めない。

Jリーグとルヴァン杯でルールを適用。ただしJ1参入プレーオフは試合出場が上限4人となる。天皇杯は別途、日本サッカー協会(JFA)が定めることになる。



いいね! 0



[5975] 匿名

2018/10/8 8:48




いいね! 1



[5974] 匿名

2018/10/8 8:17

失礼極まりない事をやらかした浦和サポはユアスタ仙台今後出禁だな



いいね! 1



[5973] 匿名

2018/10/1 21:36


川崎キタ━━━━━━



いいね! 1



[5972] 匿名

2018/9/15 22:02

間違えた名古屋に競り勝って鳥栖が広島に勝った



いいね! 0



[5971] 匿名

2018/9/15 22:01

長崎が広島に競りかった
ホント今季面白いな



いいね! 0



[5970] 匿名

2018/9/6 19:11

すごい



いいね! 0



前1 2 3 4 5次#
最初 最後



投稿する



違反を通報する





Findメニュー


▲ページTOPへ

お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
Find連携サイト
サッカー 競馬 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能
(c)NetDreamers