Find
Findメニュー
マイページ




TOP > 相談  



旦那が飲酒運転をやめてくれません


週に2日程夜どこかに飲みに行くのですが、飲酒運転で帰ってきます。何度も注意してるのですが、そのうち逆ギレして暴れる始末。最近では見て見ぬふりしています。だいたい曜日は決まっているので、その日が来ると夜になったらゾッとして神経がまいってします。

オーナー
匿名
クリップ




投稿する



新しい順  |  古い順  



[64] 匿名

2019/7/3 21:18

鬼澤平隆さんは結構お酒を飲んでおり、まさか車両を飲酒運転をして帰るとは思わなかったので大変驚きました。
日曜の夜の郊外で通りがほとんどないとはいえ、後ろから見ていて鬼沢平隆さんが運転する車両が赤信号を無視するところも目撃しました。
当該車両はゆらゆら左右に蛇行していてました。見ていて非常に怖かったです。
その後も鬼澤平隆さんは平然と天下り先や再任用されて埼玉県での中央児童相談所里親委託等推進員として公務員勤務という流れです。
飲酒運転は衝突されるなどして周囲の市民が事故に巻き込まれ生命の危険にさらされるがあり公共の利益を鑑みると看過できません。
このような公共の利益に反する公務員の不始末に埼玉県は目を背けることなく然るべき措置を講じるべきであり、本人もプライドを固持し自らの地位を守るために自身の行いをとぼけて自己保身に走ってばかりいないで受け止めるべきです。

公共の利益(公益)のために投稿しました。



いいね! 0



[63] 匿名

2019/7/3 21:17

公共の利益ために行う公務員の飲酒運転に関する内部告発(公益通報)です。
その程度のことと軽んじられて些細なことと職場や同僚等の関係者に無視されたり、隠匿、隠蔽等されて忘れ去られたりしてしまいがちですが事実、起きた事です。
埼玉県児童相談所職員で当時一時的に益社団法人埼玉県社会福祉士会の事務局長に天下りしていた鬼澤平隆さんは、2014年12月21日(日)に越谷市男女共同参画支援センター主催でNPO法人子育てサポーター・チャオが協働開催する子どもはみんな社会の子?里親家庭から学ぶ愛着の絆?に講師として招かれました。
会終了後、大宮駅で途中下車し東口で降りると鬼沢平隆さんは繁華街の居酒屋で17時頃から19時頃まで同会に招かれた出席者とともに慰労会を開き飲酒しました。
居酒屋を出た後、家路へ向かうために再び10分ほど電車に乗り、19時半ころに鬼澤平隆さんは上尾駅西口で下車しました。
そして、自分で車両と停めた場所もわからなくなるほど酒によっており、顔は真っ赤になり足元もふらつき声も大きくなるなど、明らかに深酒をしていました。
ようやく車両を見つけると、なんと鬼澤平隆さんは自身で運転して帰ろうとしたので、「さっき、大宮駅で飲酒してますよね。飲酒運転はだめですよ!」と声をかけると、泥酔して聞こえないのか、聞こえないふりをしているのかわかりませんが、まったく忠告に耳を傾けることなく自身で車両を発進させて行ってしまいました。



いいね! 0



[62] 虎神

2018/12/7 11:42




いいね! 0



[61] 匿名

2018/12/7 11:42




いいね! 0



[60] 匿名

2018/12/6 15:08




いいね! 0



[59] 匿名

2018/12/6 15:07




いいね! 0



[58] 匿名

2018/12/6 15:07




いいね! 0



[57] 匿名

2018/12/6 14:54




いいね! 0



[56] 匿名

2018/12/6 14:49




いいね! 0



[55] 匿名

2018/12/6 14:49




いいね! 0



前1 2 3 4 5次#
最初 最後



投稿する



違反を通報する





Findメニュー


▲ページTOPへ

お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
Find連携サイト
サッカー 競馬 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能
(c)NetDreamers