Find
Findメニュー
マイページ




TOP >



F1について語ろう


ここまで若い世代が台頭してきたというのはF1の歴史の中であっただろうか? 俄然面白くなってきたF1について語ってください。

オーナー
匿名
クリップ




投稿する



新しい順  |  古い順  



[11336] ネギ塩ハラミ

2019/1/20 1:16

>>11335
今年が彼にとっての1つの分岐点でしょうな、まぁ精神的に何かが変われば奴はまだ技術的に伸びシロはあるよ。
成長しなくても他より1秒速いマシンならタイトルは取れるだろうけどそこまで強運にも見えないし成長するしか道はないだろうけど。



いいね! 1



[11335] Red 5

2019/1/19 15:30

>>11331
一つ言えるのは、奴がアゼルバイジャンの教訓をほんとうの意味で学習してない限り今シーズンはオカマされるシーンが続出するであろう、って事やね。

今シーズンからはコレまでのブレーキングしながらラインを変える「危険な動き」は数段危険度が増すよ。

フロント周りのダウンフォースを減らすというのはそういうこっちゃ…

まぁ日本国内に関しちゃホンダPUになるおかげで厳しい批判は減るやろうけど所詮ココは極東、F1の世界で言えば町外れの田舎やしね。

海外ファンのコメント見てりゃ、赤べこはホンダでは今年勝てんだろう、って言う手厳しいコメントが結構多いし日本のファンとは既に空気が随分違うのが現実。

クラッシャー街道一直線ならいずれマルコも庇いきれんくなる。



いいね! 0



[11334] Red 5

2019/1/19 15:16

>>11333

>一気に出す手法によって___ココ最近

途中抜けちゃった。

手法によって「本来の用途以外の空気の流れを作ってた」



いいね! 0



[11333] Red 5

2019/1/19 15:12

>>11332
全く不可能になるという訳ではなくてΦ105mmより内側がNGみたいね。ざっくり言えばナット部分から出すのがNG。

元々ダクト自体ブレーキ冷やすためのものだから気流は基本ホイール側に行くものだし。

本来だらしなく、というか只々吸って吐いてしてたのをナット部分から一気に出す手法によってココ最近その手法が流行ってたみたいね。

ココ数年ブレーキダクトがでかくなってたのもその影響かもね。ダクトがデカイと当然ドラッグは増える、でもブレーキからの排気と軸からの排気、それによってタイヤ後方の気流コントロールがしやすくなってたんだそうな…



いいね! 0



[11332] ネギ塩ハラミ

2019/1/19 14:03

>>11330
俺が見た記事だとフロントホイールの気流を外側に導けなくなるからうんたらかんたら。
ちなみに2018年1番ローレーキだったのはトロロッソでメルセデスが2番目、1番ハイレーキだったのはレッドブルどインドらしい。



いいね! 1



[11331] ネギ塩ハラミ

2019/1/19 13:57

>>11329
席はあると思うぜ後数年はレッドブルにいると思うし。
移籍と言う選択肢は彼には無いと思う。



いいね! 1



[11330] Red 5

2019/1/18 21:32

>>11328
ぱっと思いつくのは…

☆ダウンフォース、特にフロントが減る
☆ただし(フロントは)コレまでと比べると姿勢変化とダウンフォースの抜け、の相関性はどうやら減りそう。
☆リアはウィング大型化でドラッグが確実に増える。

となると姿勢変化させるメリットは減りそうな気はせんでもないかな。となればハイレーキはドラッグ要因のデメリットのほうが大きい可能性も…

ってとこやろかな?



いいね! 0



[11329] Red 5

2019/1/18 21:10

>>11327
まぁその前にその頃までハコフグの椅子があるかどうか…



いいね! 0



[11328] ネギ塩ハラミ

2019/1/18 20:18

2019年のエアロルールはハイレーキが廃れてメルセデス有利になるとかうんたらかんたら。



いいね! 1



[11327] ネギ塩ハラミ

2019/1/18 19:01

>>11326
しかし3チームでワールドチャンピオンとなるとファンジオ以外誰も成し遂げていない偉業だ、おそらくケチはつけられないだろう。



いいね! 1



前1 2 3 4 5次#
最初 最後



投稿する



違反を通報する





Findメニュー


▲ページTOPへ

お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
Find連携サイト
サッカー 競馬 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能
(c)NetDreamers