Find
Findメニュー
マイページ




TOP > 社会・政治 > 事件・ニュース  



原発再稼働について【原子力発電所・総合】


東電福島第一原発の事故を教訓とした原発の新規制基準が2013年7月8日、施行された。これに伴い、各電力会社が原発の再稼働に向け動き出す…。 …2011年3月11日に発生した、『東北地方・太平洋沖地震』において、大問題になっている、『福島第一原発』をきっかけに改めて、『原子力発電所』について語るスレ

オーナー
匿名
クリップ




投稿する



新しい順  |  古い順  



[1154] 匿名

2019/4/21 16:55

>>1152
他の技術がそうであるように、省エネに関する技術も、日々進歩してます。
原発事故以降、省エネに関する国民の意識も強くなりました。

ですがその一方で、人口減少を補うためのAI導入や、電子マネー普及による通信量増大、内燃機関の電化などなど、電力消費増大を引き起こす要因も盛りだくさんですね。



いいね! 1



[1155] 匿名

2019/4/21 20:49

>>1152
それは安全神話で原発を運用してきたつけではないのでは?
そしてそのつけを我々が補う事で原発が存続されてる現実から最早文明の利器とはいえないと思います。
国の補助、国民の負担が無ければ原発は存続出来ないという事から他に選択肢の有る状況からエネルギー政策は転換期に有る事は間違いない。




いいね! 0



[1156] 匿名

2019/4/22 0:50

>>1155
エネルギー政策の転換期であることは、間違いないでしょうね。
どのような電源を選択するかという意味でも、エネルギー消費をどう改善していくかという意味においても。

ただ、日本は膨大な核燃料を抱えていて、それを処理するために、原子力の技術は、まだまだ捨てられません。
電源としての原発ではなく、後始末のための原発について、いずれ考える時期が来ると思いますよ。



いいね! 1



[1157] 匿名

2019/4/23 13:26

エネルギー政策は日本の領土にシェールガスの層が存在するのか?を積極的に調査すべきです。
特に海洋調査は早期にすべきで見付かれば原発廃止は進む。



いいね! 1



[1158] 匿名

2019/4/23 19:49

核燃料7体、プール建屋に移送 福島、廃炉作業の環境整備へ

2019年4月23日 14:50共同通信
 東京電力は23日、福島第1原発3号機の原子炉建屋にある使用済み核燃料プールの燃料7体を収納した輸送容器を、トレーラーで原発構内の共用プール建屋に移送したと明らかにした。炉心溶融(メルトダウン)を起こした1?3号機のプールから燃料が搬出されたのは初めて。

 廃炉作業を進める上で強い放射線を出す核燃料はリスクになっており、移送によって作業環境の整備が一歩進んだ形。

 7体を搬出後も3号機には使用済み燃料と未使用燃料計559体が残る。共用プールが法令点検に入るため搬出作業は一時中断し、7月にも再開する。2020年度中に全て共用プールへ運び入れる計画だ。



いいね! 0



[1159] 匿名

2019/5/5 0:42

どうか
<a href="?pid=go_link&url=http%3A%2F%2Fmb2.jp%2F_grn%2F1909.html">http://mb2.jp/_grn/1909.html</a>
を御覧ください。



いいね! 0



[1160] 匿名

2019/5/22 22:56

韓国 原発 原子炉出力が制限値超も11時間半運転続ける

2019/05/22 12:48NHKニュース&スポーツ

韓国の原子力安全委員会は、南西部の原子力発電所で原子炉の出力が制限値を超えたにもかかわらずおよそ11時間半にわたって運転を停止させなかったとして、運営会社に対して原子炉の使用停止を命じ、違法な運転の原因について捜査を進めています。

韓国の原子力安全委員会によりますと、今月10日午前、南西部チョルラ(全羅)南道の黄海に面したハンビッ原子力発電所1号機で、定期検査の過程で、無資格の職員が原子炉の制御棒を抜く操作を行ったところ出力がすぐに制限値の5%を超え、一時は最大で18%まで上昇したにもかかわらず、その後およそ11時間半にわたって原子炉を停止させなかったということです。
委員会によりますと、原子炉から放射性物質の漏えいはなく、出力も制限値を超えたあとすぐに制御棒が戻され制限値以下に下げられたということです。
今回の措置について韓国水力原子力はNHKの取材に対し「原子炉は出力が25%になれば自動的に停止するよう設計されている」として、安全性に問題はなかったと強調しています。
しかし原子力安全委員会は、安全措置の不足や原子力安全法の違反が確認されたとして、20日、運営会社である韓国水力原子力に原子炉の使用停止を命じ、捜査権のある委員会の職員が当時、どのような監督体制のもとで制御棒の操作が行われていたのかなど捜査を進めています。
韓国のメディアは重大な事故につながるおそれがあったとして、再発の防止と徹底した捜査が必要だと報じています。



いいね! 0



*前111 112 113 114 115次
最初 
最後



投稿する



違反を通報する





Findメニュー


▲ページTOPへ

お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
Find連携サイト
サッカー 競馬 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能
(c)NetDreamers