Find
Findメニュー
マイページ




TOP >



日本は改憲して軍隊をもつべきか?


日本には憲法の制約があり、朝鮮戦争やベトナム戦争に軍隊を出すことを免れました。その点ではラッキーだったかも知れません。しかし、いつまでもアメリカに守ってもらう国家であって良いのでしょうか?日本が国際社会に於いて尊敬されない、リーダーシップをとれない根本の原因は、日本が自国の防衛を他国に依存する国家であるかではないでしょうか?アメリカは財政赤字で軍事費を今後大きく削減していかざるを得ません。日本からアメリカ軍が撤退して行く日もいづれ来るでしょう。中国が軍事力を拡大し領土的野心を持っているのは明らかであり、アメリカが日本から撤退しまら、次は日本が中国に占領されてしまう危険性があります。今こそ、日本は明治維新の原点に返って自国の防衛に目覚めるべきです。

オーナー
匿名
クリップ




投稿する



新しい順  |  古い順  



[52] 匿名

2017/9/18 23:56

自民党・安部元総理の自衛隊、国防軍昇格論で改めて注目される自衛隊。
今更、平和憲法を謳ってるくせに北京で反核・反戦も唱えられないお花畑・腰抜け平和団体の自衛隊排除論が如何に実効性がない道化の戯言かは別にしても、自衛隊にまつわる話をいろいろなところからのコピペなんだけど探し出した分だけ転載したので、楽しんで読んでほしい。
国防をネタで話すのはどうかと思われるかもしれないが、あくまでシャレと思ってくれ。
・・・言っておくが、今回の企画は面倒になったからコピペで手を抜いたとかじゃないからな!W

1)東日本大震災では16000人以上救助し、自衛隊の能力をフルパワーで発揮した。

2)東日本大震災の時、空自が真っ先に被災地上空で警戒に当たり、火事場泥棒よろしく領空侵犯し
  ようとした中国空軍をけん制。
  

3)阪神淡路大震災の時はイージス艦がありえない速度で被災地へ向かって米軍をドン引きさせる。

4)世界を見渡しても屈指の性能を有している10式戦車。

5)不発弾処理の成功率100%。しかも信管を抜く作業が出来るのは世界中で自衛隊だけ。

6)海中での作戦行動中の潜水艦を発見、追跡出来る能力を持つのは世界で日本とアメリカだけ。
  そのアメリカでさえ日本に舌を巻く。



いいね! 0



[51] 匿名

2017/9/18 5:55

無知、バカか、日本はすでに軍隊が存在するだろ。問題はそこではなく、事実を湾曲させて、詭弁としての呼び方を変えていること、終戦時のアメリカ等に対する、不平等な宣言と条約締結の事実を如何に覆すかが、本来、議論すべき議案だろ。
まさか、自衛隊を真に単なるレスキュー隊と思い込んでる究極のバカはいるまい。



いいね! 0



[50] 匿名

2017/7/11 21:57




いいね! 0



[49] 匿名

2017/7/9 12:48

>>48
力による均衡がいずれ必要となる
米国の放任のせいで北が大幅にリードする結果を産んだ



いいね! 0



[48] 匿名

2017/7/8 20:08

>>47
その考え自体が、もう三國人のおもうがままだろ。



いいね! 0



[47] 匿名

2017/5/23 23:17

ドイツみたいに米国が核を置いて共同で運営なんて案も
あってもよさそう
今や日本は中露以外に北の核の射程内でもあるし



いいね! 0



[46] 匿名

2017/5/9 13:44

>>38
非核3原則を撤廃して核武装しても、それだけでは意味ないね。
報復のための敵地攻撃ができるようになって初めて、抑止力が働くんだから。
専守防衛に徹して、国内に攻め込んできた軍隊に対抗することしかできない現状で核武装しても、使えないよ。



いいね! 0



[45] 匿名

2017/5/9 13:39

>>42
英語表記だと、いまでも「China」ですよ。



いいね! 0



[44] 匿名

2017/4/2 21:44

不可侵条約たら安全保障条約たら信用しちゃいけないよ。情勢態勢で変わるんだから。



いいね! 1



[43] 匿名

2017/3/26 22:13

改憲は敵でなくこの国の矛盾を断ち切って真の近代国家になるために必要である。
自衛隊も呼び方を普通に戻すことで評価も変わる。
憲法の修正について議論できるのが健全な民主主義ではないか



いいね! 0



前1 2 3 4 5次#
最初 最後



投稿する



違反を通報する





Findメニュー


▲ページTOPへ

お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
Find連携サイト
野球 サッカー ゴルフ 競馬 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能
(c)NetDreamers