Find
Findメニュー
マイページ




TOP >



有栖川宮詐欺事件


大正時代に後継者がなく断絶した有栖川宮家の末裔であると偽った男性が、2003年4月6日に東京の青山でニセの結婚披露宴を開催して、約400人の招待客から祝儀を騙し取った事件。 「有栖川識仁(さとひと)」と詐称した男(当時41歳)と、その「妃殿下」(当時45歳)を、同年10月に警視庁公安部が詐欺罪で逮捕した。公判中、2人の間には一切の恋愛関係、内縁関係、婚姻関係が存在しなかったと事実認定されている。

オーナー
匿名
クリップ




投稿する



新しい順  |  古い順  



[6] 匿名

2017/4/29 0:14

ありすがわてw



いいね! 0



[5] 匿名

2016/6/30 14:23

ワロタ!!!

いろいろ悲惨な事件が多い中でこんな???( ・ ・ ;) の事件があったとは不謹慎だがほのぼのとした。



いいね! 0



[4] 匿名

2016/6/20 12:48

よくわかんない皇族という世界を分かったかのような顔をして、自分のステータスを上げたいと思ってる人が詐欺られたという事件



いいね! 0



[3] 匿名

2015/12/14 10:55

この事件とはなんだったのか、今になってそう思う。



いいね! 2



[1] 匿名

2008/12/8 13:57

騙される方もどうかと思うけど?



いいね! 2






投稿する



違反を通報する





Findメニュー


▲ページTOPへ

お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
Find連携サイト
野球 サッカー ゴルフ 競馬 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能
(c)NetDreamers